にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇教職員の定年延長(5)…いずれは延長されるだろうが

 国家公務員の定年を延長する国家公務員法改正案はどうやら廃案になるようだ。この改正案は検察庁法改正案と一本化した束ね法案として国会に提出されたが、検察庁法改正案への批判とともに、新型コロナウイルスの感染拡大で雇用環境が急激に悪化し、民間企業が苦しむ中で公務員を優遇することは国民の理解を得られないと判断したようである。

 今回の改正案は定年を2年で1歳ずつ段階的に引き上げるとしていたので、地方公務員も同様の延長になる予定だった。(施行日は令和4年4月1日)

  『年度』         『定年』
・令和 4年度(2022年) 61歳 「退職者なし」
・令和 5年度(2023年) 61歳
・令和 6年度(2024年) 62歳 「退職者なし」
・令和 7年度(2025年) 62歳
・令和 8年度(2026年) 63歳 「退職者なし」
・令和 9年度(2027年) 63歳
・令和10年度(2028年) 64歳 「退職者なし」
・令和11年度(2029年) 64歳
・令和12年度(2030年) 65歳 「退職者なし」

 働き方などの改革を進めていく中で定年延長はどうしてもやらなければならないものだろう。新型コロナの影響で今回は仕方がないが、安倍憎しの不純な動機で法案成立を妨害した野党などには疑問を感じる。次は新型コロナを克服してからになるだろうから数年では無理かもしれない。