にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇国家犯罪「拉致」に立ち向かう

 6月5日、1977年(昭和52年)11月に北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(当時13歳、中学1年生)の父で、拉致被害者家族会初代代表の横田滋さん(87歳)が亡くなった。9日、横田滋さんの妻の早紀江さん(84歳)ら遺族が都内で記者会見を行った。滋さんについて早紀江さんは、「何も思い残すことはないほど、拉致解決に全身全霊で打ち込み頑張った」と語った。

 拉致問題の解決を難しくしたのは、何もしてこなかった政治家や北朝鮮が拉致なんかするはずないと言い続けたメディアによってあまりにも時間が費やされてしまったこともあるのだろう。

 息子(弟の哲也)さんは、拉致問題が解決しないことについてジャーナリストやメディアの方々から総理批判を耳にするが、総理ほどよくやってくれる人はいない。何もやっていない方が批判をするのは卑怯だ。的を射てない発言は止めてほしいといったことを述べた。

 めぐみさんは、父の誕生日翌日の11月15日、下校途中に忽然と姿を消した。1997年1月21日、横田さん夫妻の下に北朝鮮で生きているとの情報がもたらされた。無事を祈り続けた約20年の日々、そして、その後の救出のために戦った20数年の苦悩は想像を絶する。

 アニメ「めぐみ」を生徒に見せようと思えばいつでも見せることができたのに、現職の時それをしなかった。今でも悔いが残っている。北朝鮮の国家犯罪に立ち向かうには、日本人の一部が騒いでいるだけで多くは関心などない。いずれ問題にはならないと思われたのでは解決は無理だろう。拉致を解決しなくては国家の明日はないと指導者が考えるようにしなければならない。