にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇精神を病むのも当然だ

 教員の精神疾患による休職者の増加は、本人の資質の問題ではなく過酷な教育現場に起因すると考えている。下記の調査は、精神疾患による休職者である。昭和56年度に小学校、57年度に中学校、58年度に高校で完全実施となった学習指導要領の改訂では、休職者が特に増えているように思えないが、平成4・5・6年度の実施後は徐々に増え、平成14年度の小・中学校、15年度の高校での実施後は極端に増えている。

 -  -  -  -  -  -  -  -

昭和54年度(1979)  664人 平成11年度(1999) 1924人
昭和55年度(1980)  783人 平成12年度(2000) 2262人
昭和56年度(1981)  821人 平成13年度(2001) 2503人
昭和57年度(1982) 1001人 平成14年度(2002) 2687人
昭和58年度(1983)  961人 平成15年度(2003) 3194人
昭和59年度(1984)  984人 平成16年度(2004) 3559人
昭和60年度(1985)  986人 平成17年度(2005) 4178人
昭和61年度(1986) 1078人 平成18年度(2006) 4675人
昭和62年度(1987) 1055人 平成19年度(2007) 4995人
昭和63年度(1988) 1090人 平成20年度(2008) 5400人

平成 元年度(1989) 1037人 平成21年度(2009) 5458人
平成 2年度(1990) 1017人 平成22年度(2010) 5407人
平成 3年度(1991) 1129人 平成23年度(2011) 5274人
平成 4年度(1992) 1111人 平成24年度(2012) 4960人
平成 5年度(1993) 1113人 平成25年度(2013) 5079人
平成 6年度(1994) 1188人 平成26年度(2014) 5045人
平成 7年度(1995) 1240人 平成27年度(2015) 5009人
平成 8年度(1996) 1385人 平成28年度(2016) 4891人
平成 9年度(1997) 1609人 平成29年度(2017) 5077人
平成10年度(1998) 1715人 平成30年度(2018) 5212人

令和 元年度(2019) 5478人
令和 2年度(2020)  小学校実施
令和 3年度(2021)  中学校〃
令和 4年度(2022)  高校 〃
令和 5年度(2023)

 -  -  -  -  -  -  -  -

 平成4年度からは、新学力観の導入、基礎基本の重視、個性を生かす教育、授業時数の弾力的運用、選択履修幅の拡大(持ち時数が増加)、習熟度別指導の導入、学校週5日制の開始(第2土から始まり、その後第4土も。授業は他の曜日に振り分けるため6時間授業の日が増えた)などがあり煩雑さが増した。

 平成14年度からは、生きる力の育成、学習内容の削減、完全学校週5日制の実施、授業時数の削減(1050から980になり、少なくとも10週・10週・15週の3期に分けないと時間割が組めなくなった)、選択学習幅の拡大、総合的な学習の時間の新設、そして、何よりも問題と感じたのが絶対評価の導入である。

 以前のブログで、教師の過重な負担は未だ納得の評価ができないばかりか教師の活力を奪う結果になったと書いたが、活力を奪っただけでなく精神を病ませる結果にもなったと思う。誰がこんな馬鹿げたことを考え出したのか顔が見たいという気持ちである。

◇広島の慰霊碑(2)…頑なでなければ多数の声が届くだろう

 広島市に届いた意見に対する回答を下に掲載した。公式見解なので十分検討してあるはずだが、疑問を感じ納得できなかったところがある。

 「原爆犠牲者の冥福を祈るとともに、戦争や核兵器の使用という過ち」を繰り返さないことを誓う言葉として碑文を刻んだのであれば、アメリカは今後核兵器を使用しないと誓ったのだろうか。ソ連も慰霊碑の建立までに保有国になっていたがどうだったのだろうか。戦争という過ちを繰り返さないと誓った国についてはどうだったのだろう。

 碑文の趣旨として、「原爆の犠牲者は、単に一国・一民族の犠牲者ではなく、人類全体の平和のいしずえとなって祀られており、その原爆の犠牲者に対して反核の平和を誓うのは、全世界の人々でなくてはならない」と述べているが、全世界の人々が反核の平和を望んでいるとは思えない。核保有国には核によって平和が保たれていると考える人もいるだろう。

 広島市の平和の礎として祀れば、反核の平和を誓うのは広島市民であり、日本の礎として祀れば全国民になる。どのように祀ったかによってどうにでもなるような理屈に人は納得するだろうか。碑文を決定した当時の碑文の主語は広島市だったのに、現在は全世界の人々になっている。勝手な変更に納得する人などいないだろう。

 「碑文の中の過ちとは、人類全体が犯した戦争や核兵器使用などを指している」と重ねて述べているが、人類全体が犯した戦争とはいったいどんな戦争を指しているのだろうか。核兵器使用の過ちでは反核の平和を誓わなければならないのはアメリカであり、全世界の人々ではない。

 「今日では、碑文に対する疑問の声はほとんど聞かれず、広島市として碑文の修正を全く考えてない」とのことだが、碑文の修正や撤去もあり得るとの意思を示さなければ声は届かない。職場だって同じで、聞く耳もたずの上司に意見を言う人はいない。

 - - - - - - - -

 「安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから」という原爆死没者慰霊碑の碑文は、被害者である日本が「過ち」を犯したかのような文言となっており、改めるべきではないか。

 (回答…2019.10.21)

 原子爆弾は、街を一瞬のうちに壊滅させ、罪もない子どもから老人まで多くの尊い命を奪いました。かろうじて生き残った人も、心と体に大きな痛手を受け、多くの被爆者が今なお苦しんでいます。わずか一発の原子爆弾が引き起こした、この悲惨な出来事を体験した広島市並びに広島市民は「核兵器は人類滅亡を引き起こす"絶対悪"である」という人類にとって最も重要な真実を直観し、「二度とヒロシマを繰り返してはならない」と決意しました。

 そして、原爆犠牲者の冥福を祈るとともに、戦争や核兵器の使用という過ちを繰り返さず人類の明るい未来を切り拓いていくことを誓う言葉として、広島平和都市記念碑原爆死没者慰霊碑)に「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」と刻みました。

 碑文の趣旨は、原爆の犠牲者は、単に一国・一民族の犠牲者ではなく、人類全体の平和のいしずえとなって祀られており、その原爆の犠牲者に対して反核の平和を誓うのは、全世界の人々でなくてはならないというものです。

 つまり、碑文の中の「過ち」とは一個人や一国の行為を指すものではなく、人類全体が犯した戦争や核兵器使用などを指しています。

 碑が完成した昭和27年(1952年)から今日まで、碑文は被爆者や広島市民だけではなく核兵器廃絶と世界平和実現を求める全世界の人々にとって祈りと誓いの原点であり続けています。

 今日では、碑文に対する疑問の声はほとんど聞かれず、本市としては碑文の修正は全く考えておりません。

◇気概のない議員は不要

  「猿は木から落ちても猿だが、議員は落ちたらただの人」なのだそうだ。議員でいたいという思いは相当なものかもしれないが、選挙の顔として菅総理では不安だと口にする議員が少なからずいる自民党には呆れる。プライドがあったら、自身の当落が総理によって決まるかのようなことを口にはしない。

 政治家としての抱負や実績、人間性などは信念をもった地道な活動を通して有権者に伝わっていく。そういう議員の選挙は盤石だ。総理の顔やどこかの選挙区の結果に左右されることはない。

 菅総理は立志伝中の人で、今後何十年も出てこないような政治家かもしれない。コロナの蔓延は言うことを聞かない我がままな国民と変異するコロナに大きな問題があるのに、メディアや野党などは政府を批判し続けている。自分たちなら多くの人が納得する対応ができると思っているのだろうか。批判だけなら誰でもできる。

 オリンピック開催に反対する人は多かったが、終わってみれば評価は逆転した。総理への逆風がいつまで続くか分からないが、逆風を順風に変える気力がない議員にはいい仕事などできるはずがない。総理の下では戦えないなら党を離れて戦うくらいの覚悟をもつべきだろう。当落は自己責任であって誰のせいでもない。

◇反政府なら正義にかなうのか

 横浜市長選で菅総理が支援した元国家公安委員長の小此木候補が落選したが、IR反対表明によって推進派の票は林市長に流れ、医師の山中候補はコロナ禍の中で一躍名を上げ相当な追い風選挙だったろう。8名の候補で票を分け合う選挙という不運もあり、落選は仕方がないように思う。

 メディアは選挙の度(前回は北海道、長野、広島の補選)に、菅政権への不支持が明らかになった、求心力低下は避けられない、今後の政権運営は綱渡り、菅総理では選挙を戦えないといった声が党内で高まっているなどと、菅政権や自民党が混乱しているかのように報じ、波乱が起きることを熱望期待しているかのようだ。安倍前政権の時も感じたが、政府を称えるようなことはせず批判ばかりだった。菅政権になっても同じである。反政府であることが正義であり正常なことと考えているのだろうか。

 北海道は不戦敗、長野は羽田雄一郎の弔い合戦、広島は河合夫妻の不正による補選であり、誰が立っても勝てやしない。選挙結果は総理のせいではない。横浜市長選の結果は横浜市の結果でしかない。横浜市の結果に影響を受けるような議員はあまりにも悲しい。

◇パラリンピックも気は抜けない

 8日に閉会した東京オリンピックは大成功だった。開幕前には観客がいないことへの懸念もあったが、連日盛り上がり感動の17日間になった。

 前回大会の開催地リオデジャネイロエドゥアルド・バエス市長は開幕の前日に、「批判はあるだろうが、東京でなければ、日本人でなければ、開催すらできなかった。最高の大会にしてくれるはずだ」と述べたのだそうだが、バエス市長の予言通りになった。

 イギリスのジョンソン首相は、「この2週間、英国選手団を含む世界中のアスリートを受け入れてくださった日本の皆様に感謝する」とツイッターに投稿し、さらに「非常に困難な時期にあっても、スポーツと五輪ムーブメントには人と人、国と国とを結びつける力があることを示してくださった。ありがとうございました」とつづった。

 バッハ会長は、閉会式に先立ち開催されたIOC総会で、「成功裏の大会を経験した」と述べるとともに、「正しいタイミングに開催されたと確信している」と強調した。そして、五輪運動の発展に寄与したと、五輪功労章で最高の金章を特例で菅首相小池都知事に授与することを明らかにした。通例では組織委員長のみが授章するのだそうだ。

 デュビ五輪統括部長は、日本について、「世界が新型コロナウイルス危機に直面する中、安全に大会を実現するという目標から一度たりとも逃げなかった」と高く評価し、コロナ禍の中で「これだけの規模のイベントを世界の誰も経験していない」とも語り、過去の大会と比較できないほどの成果があったと強調した。その上で、「日本より優れたパートナーはいない」と称賛し、「申し分ないレベルで大会を実現できたことは本当に驚くほどだ」と述べ、大会組織委員会や東京都、日本政府などに敬意を表した。

 外国の選手からは、「ありがとう 日本」といった感謝の置きメッセージや帰国後にSNSで日本への感謝を投稿する選手も多かったのだそうだ。水泳のアメリカ・レデッキー選手は、「すばらしすぎる開催国でした。ありがとう東京!あたたたちは驚くべき開催国でした。」、女子サッカースウェーデンヤコブソン選手は、「ありがとう日本、ありがとう東京! とても素晴らしい皆さんの国を訪れることができて、楽しかったです! ……… ……… 今回のオリンピックを実現するために、昼夜を問わず働いてくれたすべてのボランティアの方に感謝します」とつづった。コロナ禍の中不便を強いられたにもかかわらず日本への敬意と感謝を示してくれたのである。

 国内の選手からは、開催されたこと、多くの人に支えられて今この場に立てていることへの感謝が語られ、多くの国民も選手たちに感動をありがとうとの気持ちになったことだろう。白血病を乗り越えて代表入りした競泳の池江璃花子選手は、「人生のどん底に突き落とされて、ここまで戻ってくるのは大変だった。だけど、この舞台に立てた自分に誇りを持てる」と語ったとのことだが、開催して本当に良かった。

 国民の生命や暮らしを守ることとオリンピック開催の両立は不可能とか、開催は自殺行為などと開催に猛反対したメディアや野党、著名人などは今だんまりを決め込んでいるようだが、根拠のない反対だったことがオリンピックの成功で明らかになった。多くの人を心配させ苦労させたのに謝りもしない。日本に恥をかかせ貶めようとする人たちだったのかもしれない。中止の声に負けなかったIOCや政府、東京都に感謝である。

◇広島の慰霊碑(1)…広島市民だったとは

 8月7日の産経抄に、原爆投下は日本の過ちだから仕方がないと思わせかねないので広島の慰霊碑は撤去した方がいいと書かれていたが、同感である。いつの日か必ず撤去させなければならない。

 「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」との碑文を読めば、「過ちを犯したので原爆が落とされた。だから仕方がないが、もう過ちを繰り返さないので、どうぞ安らかに眠ってください」という意味に取る人は少なくないだろう。

 慰霊碑文は、当時の広島市の浜井信三市長に依頼された碑文の古典研究に造詣の深い広島大学の雑賀忠義教授が撰文、揮毫したのだそうで、1952年7月22日に決定された。

 碑文には主語がなく、過ちを繰り返さないと言っているのは日本人か、アメリカ人か、それとも世界人類か、「過ちを繰返しませぬから」ではなく、「過ちを繰返させませぬから」ではないのかといった碑文論争が起きたようで、きっかけは1952年11月3日に広島を訪れたインドのパール判事が碑文を批判したことだった。

 碑文については、その趣旨を正確に伝えるため日本語と英語の説明板が設置(1983年)されたが、現在は増設され8カ国語(イタリア語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、中国語、韓国語が加わる)になっている。説明板には、

「碑文はすべての人びとが、原爆犠牲者の冥福を祈り、戦争という過ちを再び繰り返さないことを誓う言葉である。過去の悲しみに耐え、憎しみを乗り越えて全人類の共存と繁栄を願い、真の世界平和の実現を記念するヒロシマの心がここに刻まれている。」といったことが記されている。

 説明板を設置しても納得しない人が少なくなかったのだろうか。広島市は「原爆の犠牲者は人類全体の平和のいしずえとなって祀られており、その原爆の犠牲者に対して反核の平和を誓うのは、全世界の人々でなくてはならない」と述べ、碑文の主語は「全世界の人々」であるとした。

 広島でのパール判事は、碑文に耳を疑い何度も通訳が間違っていないか確認し、間違っていないと分かると厳しい表情になりこう言ったというのだ。

 「過ちは繰り返さぬ」という過ちは誰の行為をさしているのか。もちろん日本人が日本人に謝っていることは明らかだ。それがどんな過ちなのか、わたくしは疑う。ここに祀ってあるのは原爆犠牲者の霊であり、その原爆を落とした者は日本人でないことは明瞭である。

 落とした者が責任の所在を明らかにして「二度と再びこの過ちは犯さぬ」と言うなら頷ける。この過ちが、もし太平洋戦争(大東亜戦争)を意味していると言うなら、これまた日本の責任ではない。その戦争の種は、西欧諸国が東洋侵略の為に蒔いたものであることも明瞭だ。さらにアメリカはABCD包囲陣を作り、日本を経済封鎖し、石油禁輸まで行って挑発した上、ハルノートを突き付けてきた。アメリカこそ開戦の責任者である。

 これを聞いた雑賀は、広島市民であるとともに世界市民である我々が過ちは繰り返さないと誓う。これは全人類の過去、現在、未来に通ずる広島市民の感情であり、良心の叫びである。原爆投下は広島市民の過ちではないとは世界市民に通じない言葉だ。そんなせせこましい……云々」との抗議文を送った(11月10日)のだそうだ。抗議文で雑賀が明確にした理念では、碑文の主語は広島市民だった。広く日本人でもなく、アメリカ人でもなく、全世界の人々でもなかった。

◇聞いてびっくり見てびっくり

 河村たかし名古屋市長のメダル噛みつきの様子をネットで見たが、誠に不適切あるまじき行為である。表敬訪問で訪れたソフトボールの後藤希友選手に金メダルを首にかけてもらい、その後メダルに噛みつき消毒もせずそのまま返したのである。

 金メダルは選手達の努力だけでなく多くの関係者の支援があって得られたものである。選手や関係者に敬意をもって対するがごとく大切に扱ってしかるべきだろう。ましてコロナ禍の中、唾液をつけるなどとんでもないことだ。

 衆議院議員5期、市長も4期目にもなれば多くの人が頭を下げてくれるだろう。長い間そうされているうちにそれが当たり前になり、誠実丁寧に対応する人としての基本がおろそかになってしまったのかもしれない。頭を下げてくれるのは自分が立派なのではなく、立場に頭を下げていることを忘れてはならない。

 今年73歳になる人間が、下品で汚らしく多くの人が吐き気を催すほどの行為をしてしまった訳で、恥ずかしくて家族は街中を歩けなくなっているかもしれない。後藤選手はじめ多くの人に迷惑をかけたことを素直に謝罪すべきだろう。幸いにもメダルはIOCが新しいものにしてくれるとのことだ。

 孔子は70歳で「心の欲する所に従って矩(のり)を踰(こ)えず。(思いのまま振舞っても道理を踏み外すことがなくなった)」と言ったが、孔子のようになれなくてもそうなるよう生きたいものである。少なくとも晩節を汚すことだけはしたくない。