にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇思いや願いが生かされる学校でなくては

教育

 多くの保護者にとって、学校にものを言うようなことは、勇気が要るようで、言いたいことを我慢してしまうことも少なくない。言ったことで、不利益を被ったり、納得できない結果になることを危惧するからだろう。

 学校への思いや願いは、担任を通して知らせてほしいとお願いしていたが、保護者の心情を考慮し、また、少しでも多く届くようにするため、「一番話し易い職員に話してほしい」と改めたのである。担任では言いにくい場合もある。

 学校に無理難題を要求するモンスターペアレントの問題が盛んに報道されたこともあってか、学校には要望や意見だけでなく、苦情や抗議も殺到していると考えている人も少なくないと思うが、学校に届く声は、それ程多くはない。

 学校には、保護者だけでなく地域からの声も届くが、学校への期待や信頼があるから届くのである。指摘されて気づくことがあり、また、たった一つの声であっても、それはたった一人ではなく、多くの人の思いかもしれない。

 学校に寄せられる声は、学校改革の手がかりでもあり、学校づくりに生かさなければ、みんなの心に輝くような学校など、到底できないのである。