にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇教えるのは好きでも、教わるのが嫌いでは

 保護者や地域から学校に届く教師への苦言などには、同感に思うこともある。このような時には、改められるよう助言してやることが、同僚のあり方として大切である。そのままにしたのでは、やがてその教師だけでなく、学校としての信頼も失うことになる。

 教師の口から、「言いにくいことでも、親友のためを思うなら、言ってやるのが親友だし、親切というものだ」との言葉が発せられることは多い。私も何度か言った覚えがある。しかし、生徒にはそう言いながら、同僚には言えないようでは困る。一時的にはいやな思いもするかもしれないが、冷静に受け止めて改善していくような教師でなければ、職を全うすることはできない。

 民間会社なら、絶対にそのままにしない。なぜなら会社がなくなってしまうからである。国民の負託に応えるとの強い意志をもって、言うべきことは言い、伝えるべきことは伝えなければならない。教えるのは好きだが、教わるのは嫌いと受け止められるような教師になってはならないのである。