にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇学級閉鎖をしない対応ができたらいいが

 めっきり寒くなり、空気も乾燥していて、いよいよインフルエンザ流行の季節になった。罹患者が出てくると、登校を遅らせたり、早帰りにしたり、中学校では部活動を中止したりして予防に努めるが、更に罹患者がでれば、学年や学級を閉鎖(臨時休業)することになる。

 在籍生徒の10%~20%の罹患者が判断基準だが、罹患者の急増といった動向も考慮し、学校医との相談の上決定するのである。30人の学級であれば、通常5~6人の罹患者で閉鎖になる。

 インフルエンザ罹患者は、出席停止であり、1週間くらいは登校できなくなるが、閉鎖することの問題点は、罹患していなくても登校できなくなることである。学級閉鎖が終わり、登校できるようになったところで、罹患してしまえば、引き続き登校できなくなってしまうのである。

 中学生くらいになっていれば、共働きの家庭でも仕事に行くことができるが、小学校の低学年だったら、一人で残しておけないので、祖父母など、面倒をみてくれる人がいなければ、どちらかが仕事を休むことになる。子どもが罹患したなら仕方がないが、そうでない場合は納得できないだろうし、非常に困るだろう。

 校医さんに、この時期は大勢の患者を診察するので、先生だって罹患してしまうのではとお聞きすると、「私はかかりません」と自信をもって応えられたのには驚いた。頻繁に手洗いをし、口や顔を触らないようにするとのことだった。

 学級閉鎖の措置は1度限りということではない。新たな罹患者が次々に出てくるようなことになれば、2度3度ということも有り得る。閉鎖の措置は取らなくてもいい、あるいは、判断基準をもう少し引き上げてくれればと考えている学校は少なくないだろう。