にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇連携して(2対1で)指導したなら

 生徒指導主事の頃、行動がとても危なっかしく、このままではどこかに飛んでいってしまうのではと不安になった女子生徒がいた。そこで、担任と二人で家庭訪問をしたところ、両親とも娘の行動に不安をもっており、どうすべきか困っていた状態だった。             

    しばらく話し合った後に、学校がやること、家庭にお願いしたいことを話し出すと、父親はメモを取り始めた。こんなことは初めてで、その真剣さに驚いたが、それから女子生徒はたちまち変わっていった。学校と家庭が連携して生徒を指導したなら、抜群の効果を発揮することを実感したのだった。そして、どんなに心配な生徒でも、正しく導くことができるとの自信を深めることができた。                                     

   2対1とは、学校と家庭の連携だけではない。夫婦が協力して(知恵を出し合って)子どもを導いたら、間違いなく、これまた抜群の効果を発揮すると思っている。