にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇怯んではならない

 私は今まで、モンスターペアレント(学校に理不尽な要求や苦情を言い立てる保護者)に思えた保護者に出会ったことがない。無理難題を押しつけても、子どものためにならないのは明らかで、報道されたような問題は、感情の行き違いという部分も大きいのではないかと思う。モンスターペアレントの対応では、学校と教育委員会の信頼関係が大切である。

 授業妨害を厳しく叱責すると、「教育委員会に言うから殴れ」と開き直った小学生がいたとのことだが、教育委員会を持ち出せば、教師(学校)がたじろぐとの考えはあまりにも認識不足である。私は、教育委員会に知られたら困るなどと、恐れたことなど一度もない。困り事など、職員にどうしても言いにくいなら、教育委員会に言ってほしいと言っているくらいである。先生方も是非そうあってほしい。