にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇感動の卒業式(1)…式次第などの大幅な変更

 卒業式では、中学校3年間で学んだ全てが式中の姿勢や態度に表れる、と多くの中学校の教職員は考えている。したがって、学校にとって卒業式は、とりわけ重要な儀式的行事となっている。感動体験は人の生き方を変えると言われるが、卒業式は会場の全ての人が感動に包まれる時間でありたいものだ。(平成23年2月 校長)
 - - - - - - - -
 <卒業生入場>

①修礼

 来賓、保護者を含め、全員が礼をするのは修礼だけである。

②開式のことば

③国歌斉唱

 式場前面には国旗と市旗が掲げられる。起立せず、国歌を斉唱しないなど、あり得ない。

④卒業証書授与

 代表でなく、一人一人に手渡しする。

⑤学校長式辞

 長くもなく、短くもなくということで、7分程である。

⑥市歌斉唱

 郷土色があり、生徒に好評の市歌である。(22年度から歌うことにしたが、23年4月1日、新市歌が制定されたため、22年度が最後になった。)

教育委員会祝辞

⑧来賓祝辞

⑨来賓紹介・祝電披露

 来賓紹介では、卒業生が全員来賓席に体を向け(30~45度)、一人一人に礼をする。

⑩校歌斉唱

 校歌で気分を一新する。

⑪送辞

 校長式辞や来賓祝辞と同様、演台から会場に向かって立ち、在校生代表が送辞を述べる。

⑫式歌斉唱「仰げば尊し

 国民的な式歌を歌わない学校が多くなっている。20年度より復活した。

⑬答辞

 送辞と同様に卒業生代表が答辞を述べる。

⑭式歌合唱「旅立ちの日に

 毎年、会場は感動に包まれる。

⑮閉式のことば

⑯修礼

 <卒業生退場>
 - - - - - - - -

※式歌2曲、市歌斉唱などは西中の特色と言える。学校には毎年、感動で涙が溢れたといった声が多数寄せられている。今後もそう言っていただきたいものである。

 音楽の教科書から、式歌「仰げば尊し」の2番が省かれていることに驚かされた。2番の詞「…身を立て名をあげ…」が、立身出世を奨励しているというのが理由らしいと前任校の教頭先生(現校長)が教えてくれた。この国を静かに静かに腐らせようとする人達の存在を感じ、憤りを覚えた。

 「日曜日に書く」産経新聞、平成23年3月20日)仰げば尊し「父母の恩」と題した記事で、清湖口論説委員は、真の意味は立身出世ではなく親孝行であると述べた。国民的な卒業式歌を途絶えさせてはならないと復活させたが、今後も歌い続けてほしいものである。