にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇子どもの前では

 「子供の前で学校や教師を批判してはいけない」と頭では分かっていても、つい口が滑ってしまう人もいることだろう。教師だって、わが子のことになれば、同じような行動をとってしまうこともあるのではないかと思う。2度3度どころか、しばしばやるようでは思慮分別に欠けると言わざるを得ない。まさか教師が、生徒の前で生徒の家庭批判をすることはないだろうが、この場合は最悪の結果を招く。

 学校や教師批判については時々問題提起されるが、家庭内については、あまり話題にされることがない。私は、こちらの方がより問題なのではないかと感じている。母親が子どもの前で父親を、父親が母親を批判している実態は、学校や教師批判よりも多いのではないかと思う。祖父母が父母を、父母が祖父母といった場合も、時にはあるかもしれない。圧倒的に多いのが、母親による父親批判ではないかと思う。批判されて当然の父親であっても、子どもの前で批判することは賢明ではない。

 批判されている教師や父親が、どんなに正しく、子どものためを思って言ったことでも、子どもは聞き入れなくなる。即ち、すべての指導は無になってしまうのである。子どもにとっても不幸なことで、学校はこういう点についても語っていかなければならないだろう。