にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇後よしの原則

 朝三暮四(ちょうさんぼし=猿回しが、猿にトチの実を朝に三個暮れに四個やると言ったら、猿が怒った。そこで、朝に四個暮れに三個やると言ったら、猿が喜んだ)との故事は、結果は同じなのにそのことに気づかない、うまい言葉で人をだますという意味だが、言い方一つで、受け取り方が変ってくることはよくあることである。

 生徒の指導では、注意することばかりでなく誉めることも用意しておくことが必要だろう。どちらを先にし後にするかは、教師と生徒の関係やそれぞれの人間性、指導内容などで変ってくる。しかし、指導後には、生徒が頑張ろうとの気持ちをもって、あるいは、感謝の心をもって、明るい顔つきで帰っていけるようにすることが大切である。言ったことは同じでも、言い方一つで受け取り方は変わる。指導は「後よし」でなければならない。