にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇感動の卒業式(2)…卒業生の入退場には

 中学校の卒業式では、式場中央に設けた通路(花道)を通って卒業生が入退場する。盛大な拍手で迎えられ、式終了後には、これまた盛大な拍手で見送られるのである。

 卒業式の企画は教務主任が行い、職員会議を経て決定されるのだが、教務主任2年目の時だったが、感動の卒業式のために、それまでの入退場を変更した。盛大な拍手であっても、迎える時、見送る時に卒業生の方を向かず、式場正面を向いたまま拍手したのでは、在校生の気持ちが伝わらないと思ったからである。立ち上がって卒業生の方を向いて拍手することにしたのである。

 式は卒業生にとって感動だったのだろう。1組の卒業生が式場正面に礼をしながら、「ありがとうございました」との言葉を残して退場すると、2組は、起立・礼の号令までかけて同様に退場したのだった。担任の指導ではなく、卒業生の自発的行動だったのである。

 この年の卒業式には、教育委員会の代表として教育長が出席していたが、卒業生の行動に感銘を受けた様子で、式を絶賛したのだった。その年度から足利市の辞令交付式では、転退職者を起立して拍手で見送るようになったのである。

 しかし、起立しての拍手は、わが子の入退場の様子が見えないということで、保護者には評判がよくなかったのである。今ではどこの学校も、着席したまま体を花道の方に向け、卒業生に拍手しているのではなかろうか。