にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇学校の電話対応(3)…恐れることではない

 電話だけでなく、面談でもあることだが、「教育委員会に言います」などと、教育委員会をもち出して、勝手な要求を通そうとする人がいる。残念なことだが、教育委員会をもち出せば、教師(学校)がたじろぐと思っているからだろう。

 忙しい教育委員会を更に忙しくしないようにとの配慮が、誤解を生むのかもしれないが、教育委員会を恐れていないことを知ってもらうために、そのような場合には、「そうですか、ではどうぞ宜しくお願いします」と電話は切り、来校者には帰ってもらうことにしたのである。少し乱暴だが、教職員が信念をもって堂々と教育活動を行うための対応だった。

 この対応は、あまりにも挑発的との教頭の進言もあり、1年ほどで改めたが、トラブルになっても信念を貫く教職員を、校長は評価しようと考えていたのだった。