にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇利己主義は…

 信じられないような事件が連日報じられています。日本はどうなってしまったのか、この国は腐っているのではないかと思ってしまうくらいです。こうなってしまった原因を数え上げたら、恐らくきりがないと思いますが、大きな原因に思っていることがあります。それは利己主義です。

 つくづくこの国は身勝手な考え、利己主義がはびこっていると感じています。報道される事件の多くは、突き詰めると、皆さんのため、世の中のためがなく、自分さえよければとの意識が潜んでいるように思います。

 詐欺や窃盗、強盗、性犯罪、資産隠し(脱税)など、どう考えても、自分さえよければとの気持ちが大きく関わっているように思います。被害者や家族の深い悲しみ、怒り、悔しさ、そして、深い傷を負って悩み苦しむ姿を思い浮かべたら、絶対にできることではありません。自分さえよければという心は、人間の心ではありません。けだものの心です。

 「西中生っていいよな」と、先生が生徒をそんな風に評価する学校はあまりないと思います。身勝手な行動をする人が多くなっているのに、西中生はそうではありません。皆さんのような生徒が大人になっていけば、この国も変わるだろうと思います。(平成22年6月21日 学校集会)          

※「人間の芯になる部分が日本人に欠けてきた」といった声は、人としてのあり方を、誰もが真剣に考えなければならない時代になったということだろう。