にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇不登校Ⅰ-(1)…現状

 今後何回かで掲載する「不登校の理解を深めるために」の資料は、平成20年9月、西中地区の二つの小学校の保護者に配布したものである。                                                                         不登校は中学校で急増するが、その兆候は小学校段階で現れることが少なくない。不登校が顕在化する前の早期の発見と対応により、不登校が一人も出ないようにしたいものである。この資料は、その後地域全戸に配布した。(平成21年3月)

 

不登校の理解を深めるために」
 この文書は、「いじめが原因の不登校」ではない不登校を考えるための資料です。この国から、不登校が一向に減らないのは、不登校の理解が不十分で、適切な対応ができていないからと考えています。

不登校の現状
 毎年、不登校生徒(年間30日以上の欠席)の人数や割合が、新聞やテレビなどで報道されますが、準不登校生徒(15日~29日の欠席)も相当な数になっており、無視できない状況です。
 平成18年度の不登校中学生は、全国で、103,069人、生徒全体に占める割合は、2.86%でした。栃木県は、2,024人、3.52%、足利市は、162人、3.87%でした。(小学生は、全国…0.33%、栃木県…0.40%、足利市…0.32%) 

不登校は病気ではない
 登校拒否症と言われたことがあった影響か、学校に行かない(行けない)というのは普通じゃない。だから病気と考えられてしまったのか、あるいは、朝になると、頭痛や腹痛を訴えたり、微熱がでる生徒が確かにいますので、病気と考えられてしまったのかもしれません。しかし、医者には、ほとんどの人が身体的な異常はない、と言われるようです。服薬などをしても直らないのです。                                                                                                                                                     
   朝、頭痛や腹痛、微熱等の身体症状が出るというのは、嘘ではありません。心の問題から身体に症状が現われるのは、時に大人も経験することです。極度の緊張で、胃がキリキリと痛むなど。