にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇順風満帆な家庭などない

 生徒指導で保護者と話し合っていると、時々、我が家はダメな家庭、とても惨めで皆様に顔向けできないといった心境を吐露する方がいる。そんな時、私は必ずこのように話した。世の中、順風満帆な家庭などない。どこの家庭でも他人に話せないことが一つや二つ、あるいはそれ以上あるものだ。人がうらやむ家庭でもそうである。話さないから知らないだけなのだ。

 人生には、得意の絶頂の時もあれば、失意のどん底の時もある。順風満帆な人生なんてない。そうでなければ、人生山あり谷あり、なんて言葉が語られることはない。家庭だって同じである。長いこと生きているとそのことがよく分かる。明けない夜はないのだから、元気を出して生きてほしいものだ。