にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇犠牲覚悟の対応が必要になるかも

 北朝鮮の6回目の核実験(9月3日)で、日米韓の取るべき対応は決まったように思う。話し合いで解決しようとの試みは失敗しただけでなく、北朝鮮核兵器とミサイル開発のための時間を与えてしまった。

 国民を虫けらのように殺すことをためらわない残忍な指導者の下で、数十発数百発の核ミサイルが実戦配備されたら手の施しようがなくなる。

 核兵器を持たず敵基地攻撃力のない日本など、赤子の手をひねるようなもので、数千万の日本人が殺される、あるいは、全滅の危機が訪れるかもしれない。一刻も猶予すべき時間はないと感じる。

 犠牲者を出さずに解決したいものだが、それは無理かもしれない。9・11の時には、ハイジャックされた旅客機を状況によっては戦闘機が撃ち落とすことにしていたとのことだが、日本の防衛のためには犠牲覚悟の対応もしなければならないだろう。