にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇早急にやらなければ緊急対策にならない

 昨年の5月4日、常磐道で起きたバスと乗用車の正面衝突事故(乗用車に乗っていた母親と6歳の子どもが死亡)は、中央分離帯がない高速道路の対面部分で起きた。対向車がポールを越えたら絶対避けられない大事故になることは誰でも分かる。そこで、早急に対策を講じほしいと首相官邸に意見を送った(5月6日)が、12月20日、国土交通省は事故防止緊急対策を発表した。

 具体的には、ラバーポールで仕切るだけの区間約2500㎞のうち、今春から約100㎞でワイヤーロープ5本で中央を仕切り安全対策を検証するとのことだ。

 二車線区間では、反対車線への飛び出しが一昨年は334件発生し、死亡事故の発生確率が四車線区間の約2倍になっているとのことなので、全線で早急に工事をすべきだろう。検証は高速道路ではなく、実験コースを設けてやってほしいものである。

 早急にやるから緊急対策なので、危険と分かっていても対策が遅れれば放置したのと同じである。アメリカだったら、賠償金は懲罰的な意味も含め何十何百億円になるのかもしれない。