にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇学校不信を招くことになっては

 宿題は、クラスや学校によって内容などに違いがあって当然とは思うが、それが適切かどうかの学校の判断に間違いがあってはならないだろう。

 「自分の子どもが通う小学校の宿題が多すぎる。友だちのところ(友人の子どもが通う他の小学校)はすごく少ないのに」と話す母親たちの会話を耳にしたことがある。親が面倒を見ないとできない内容が多ければ、苦痛を感じる保護者は少なくないだろう。

 長期休業などに出される宿題については、どこの学校もその内容などを印刷して子どもに配布するが、同じ市内の子どもの宿題に大きな差があってはならないだろう。プロの教師が見比べれば学校ごとの違いが瞬時に分かる。教育委員会の指導も時には必要かもしれない。

 あまりにも多いと勇気を奮い起こして学校に要望しても、一向に改善されなければ保護者や子どもの不満はやがて学校不信となっていく。学校への意見や要望が少なかったとしても無視するようなことがあってはならないのである。宿題のプリントを見て、「これ酷いね」と学校への不満を抱く保護者が大勢いるかもしれないと考えることも大事である。