にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇教育長(5)…混合から再び男女別へ

 20年程前までは、男女別(男子が先、女子が後)の生徒名簿を使用していたが、今では県内のほとんどの学校が男女混合だろう。

 男女共同参画社会実現のためということで、混合名簿を使うようになったが、学校の自主的判断ではなかった学校もある。男女別か混合かの県教委調査は、現場にとってかなりの圧力で、混合名簿を使用するようにと言われているようなものだった。

 その頃県教委に勤務していた方にその辺のことを尋ねると、混合名簿の使用を意図したものではなく、県会議員の質問に回答するための調査ということだった。

 生徒名簿についても、教育長の下に異論が届いていたようだが、制限するような言動は一切聞かなかった。「校長が責任をもってやろうとしているのだから、やらせてやれ」だったのである。

 混合から男女別に戻したが、以前とは違って、女子を先、男子が後の名簿にした。過去のブログ「生徒名簿(1)…混合から男女別に」に書いたが、各種検診や教科指導などで男女別名簿が必要だった職員は不便を強いられていたのである。

 男女別に戻して3年目に行った調査(北中教職員)では、約8割が男女別の方が使い易いと答えている。また、男女別名簿は男女別共同参画社会を阻害しないし、今後混合に戻す必要はないと圧倒的多数が答えたのである。