にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇侵入者への対応(2)…校門を閉めてはみたが

侵入者

 池田小学校事件後も同様事件が続発したため、学校の安全管理を進める必要上、保護者に以下のようなお願いをした。

▽ 学校周辺に不審者を見かけた時には、駐在所か学校までお知らせください。

▽ 学校にお子さんの忘れ物を届ける時には、職員室にお寄りください。(直接教室に行かないようにしてください。)

▽ 生徒登校後は校門を閉じますが、施錠はしませんので開閉できます。

 また、地域には学区内の小中校長連名で、生徒登校後に校門を閉めるとのお知らせをした。今でも校門を閉める学校が少なくないのは、他地区でもこのような経緯があるからだろう。

 校門を閉めても侵入を防ぐことはできないのだが、校門を閉めていたかどうかが問われるような事態は避けるべきとのことだったので、学区内の小中学校は校門を閉めたのである。

 夜間なら当然だが、昼間閉めることにはためらいがあった。警備員がいるわけではないので、来校者や教職員は長い門扉をその都度開閉しなければならない。不便なだけでなく、道路に車を止めてそれをするので危険でもあった。そこで、正門の門扉だけは開けておくこと(他は閉めておく)にした。次の勤務校でもそのようにしたが、それでよかったと思っている。