にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇魅力的な仕事にしなければ

教育

 教職最後の勤務校となった中学校の校長室には、佐藤栄作総理揮毫の扁額が掲げられていた。いつ、どのような経緯で掲げられたのか、など定かではない。

 「聞不若見 見不若知 知不若行」

 聞くことは見ることに及ばない。見ることは知ることに及ばない。知ることは行うことに及ばない。学ぶことは、そのことを行うまでやって、そこでようやく終わりになるということだろう。

 「世の中を変えようと、行動した人だけがこの世の中を変えられる」を信条とする身にとって、背中を押してくれるような言葉だった。

 学校現場は、新たな取り組みを始めようとする時、それまで取り組んでいたことを止めたり縮小せず、そのまま継続してしまうようなところがあり、年々忙しくなっていく。現職中、特に気を遣ったのは、教職員の多忙感の解消だった。そのために、思い切った学校改革が必要だった。

 職業に貴賤上下の区別はないと言われるが、教育職は特別と感じている。魅力的で尊い仕事なのに、失望させるような現状を放置しては、多くの人に志望してもらえなくなってしまうのである。

 

 「不聞不若聞之、聞之不若見之、見之不若知之、知之不若行之」(荀子

 「聞かざることはこれを聞くことに若かず、これを聞くことはこれを見ることに若かず、これを見ることはこれを知ることに若かず、これを知ることはこれを行うことに若かず」