にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇生徒指導(30)…全校的な視点で対応する

 生徒指導主事の所属は、通常3学年になることが多い。指導困難な生徒は、1・2年生よりも3年生に多かったという経験があり、3年生がしっかりしていれば、学校が安定するとの考えからである。

 しかし、所属が3学年になると、3年生への対応が多くなり、全校的な視点という面では難がある。そこで、生徒指導主事の机を校長の隣(俗に言う雛壇席)に移動させたのである。

 ───────────────────────
│                                    (職員室)         │
│                                                          │
│    ││   ││             │
│ ││   ││   ││             │
│ ││   ││   ││             │
│ ││   ││   ││          
│                                                              
│   教務教頭校長生徒指導主事      │
│                   │
 ───────────────────入口──

 市内の中学校の生徒指導主事は、毎月2回程生徒指導連絡会議を開き、情報交換や指導上の問題について協議している。席が隣であれば、校長は、生徒指導主事を通して校内や市内の情報が得やすくなる。生徒指導主事は、校長との意志疎通を頻繁に図ることで、常に学校全体を意識することになる。

 生徒指導主事の年齢は、学年主任より下になることが多く、学年主任に遠慮してしまうこともあるが、年は若くても、生徒指導に関しては、立場は上くらいに考えてほしいものである。机の移動は、生徒指導主事に、そういう自覚をもたせるとともに、教職員の意識改革にもなるのである。