にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇律儀なことも大事だが

 20年以上も前になるが、ある同僚学年主任から、出張しても、学校に土産を買って帰る(ほとんど泊を伴う出張)ようなことは、今後止めようとの提案があった。出張先から、いくつもの荷物を抱えて帰った経験をほとんどがしているので、すんなり決定され申し合わせ事項になった。

 管理職として赴任した学校だったが、そういう申し合わせがない学校もあった。そこで、教職員の親睦会で検討してもらったところ、会員の総意として申し合わせがされたのである。遠隔地から戻ってくるだけだって大変なのに、気を遣わせてはならない。個人的な旅行などで買うことはあっても、出張では決して買わないこととしたのである。

 教職員の異動や退職に際しては、餞別を贈ることが多い。親睦会やPTAなどから餞別が出る学校では、個人的な餞別がなくなっているところもあるが、今でも昔のままの学校がある。前任校の異動の時にいただいた方が異動になった時には、その方に餞別を届けることが慣例になっている学校もあるとのことで、年度末の餞別金は相当な額になるようだ。若い教職員は大変だろう。

 教頭として勤務していた学校から、他校の教頭に異動する時のことだったが、その時は自分だけの異動だったので、今後、個人的な餞別を止めようではないかと提案した。教職員には、諸々の思いがあるかもしれないが、この機を逃さない方がいいと考えたのだった。全教職員が賛同し申し合わせ事項となった。