にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇同性に信頼されているかを考えて

 テレビをつければ、またか、と思わず呟いてしまうような事件(殺人や死体遺棄など)が連日のように報じられている。あまりの多さに国の有り様を変えなくては、と考えている人も少なくないだろう。

 衝撃的な事件が続いているが、その中でも、男女関係のトラブルに起因する事件は多い。元交際相手といった関係が報じられると、どうしてそんな相手と親密なつき合いをしたのだろうと感じてしまう。

 過去のブログ「伴侶とするなら」で、「遊んでおもしろい子とは結婚するな。良い異性かどうかを判断するには、同性に信頼されているかどうかを見ろ」と、母親が息子に教えたことを紹介したが、息子だけでなく娘にも教えたいことである。

 妻が悲鳴を上げるほどの暴力を振るった夫には、職場での信頼は全くなく、やがて死刑になった。離婚したのは当然だが、結婚前に信頼がないことを知ったなら、結婚などしなかったかもしれない。同性からの信頼は、是非とも確認したいことである。