にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇捨てなければ変われない

 入門以来ご指導をいただいている先生は、弟子達に直すべきことを1つずつしか指摘しない。1つのことでも難しいのに、2つも3つも言ってもできるわけがないというのが理由である。

 何十年もやっていれば、基本は(全て)できていると思いこんでいる人が多いが、できていないことも少なくない。そして、変な癖もついているので、それらも解消しなければならない。1つを何とか克服して次のことに、更に次のことに取り組んでいたりする時、克服したはずのことが戻っていたりする。こういうことはよくあることで、上達への道は容易ではない。

 課題克服に取り組んでいる時は、相手に打たれてしまうことが多いが、そこを我慢し耐えなければならない。過去の輝かしい実績があっても、輝かしい過去とプライドは捨てるのである。

 指摘されたこと、そして、次に指摘されたこと、いくつも克服していくためには、自分を無にして取り組まなければならない。先生のロボットになったつもりでと助言してくれる人もいるが、そうしなければ、変われないのである。