にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇意図するところに向かうには

 水の入ったお椀を浮かべ、中の水を動かしてもお椀は進まない。意図する方向に進むには、お椀の外の水を動かさなければならない。

 教育界は、お椀の中の水を動かすことはしても、外の水を動かすようなことをしない。学校内のことなら何とかできるが、学校外のことは難しいからだろう。しかし、諦めないで、できないことはできる人にやってもらうよう積極的に働きかけることが必要である。

 文部科学省に出向いて私見(過去ブロ「教育建言」)を述べたことがある。現職校長が意見を述べることなど、何度もあったことだろうと思っていたので、初等中等教育企画課長が、初めての出来事と言ったことが意外だった。

 特に強調したことは、文科省キャリアを校長や教頭として出向させることだった。教育長や課長として都道府県の教育委員会に出向しても、教育現場への出向はそれまでなかったのである。

 平成21年4月、品川区立大崎中学校に校長(3年間在職)として初めての出向があり、その後、平成26年4月には、横浜市立旭中学校に校長、京都市御所南小学校に教頭としての出向があった。

 文科省だけでなく、首相官邸や与党にも現場出向を要望したことが、こういう結果に繋がったのかどうかは分からない。世の中、同じようなことを考えていても、行動する人は少ないので、現職には現場の声を大いに発信するなど行動してほしいものである。