にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇学校の電話対応(5)…急ぎでなければ

 他校職員への電話では、伝言で済むようなものは伝言を依頼し呼び出さない、電話に出てもらいたい時には、電話を受けてくれた方(ほとんど事務職員)が探し回らないよう「近くにいたら」ということでお願いした。

 教職員の場合は、職員室より、教室や体育館、教科準備室といった所にいることが多いので、電話を受けたら取り次ぐために校内を探し回ることが少なくない。その間に、電話が切れて(使用のための操作で)しまったり、どうしても見当たらないと告げた時には、相当な時間が過ぎ、電話してきた人に迷惑をかけてしまうことがある。

 電話した方としては、職員室や印刷室にいなければ、見当たらないと言ってもらった方が気が楽で、すぐに電話を切ることができる。体育館やグランドなど、遠く離れた場所で活動中なのに、電話に出るために中断させたり、また、取り次いでくれる方に煩わしい思いをさせないで済むのである。

 中学校では、部活動に関する連絡ごとが比較的多いので、地区中体連に次のような提案をしたことがあった。「部活動の連絡はFAXを活用して、顧問を呼び出さないようにする。あるいは、自身の携帯で連絡を取り合う」ようにしてほしいと。

 学校は益々忙しくなってるとのことなので、部活動以外のことでもFAXやメールを活用し、私的なことには、自身の通信手段を使って、僅かでも多忙感を解消していくことが必要だろう。