にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇生徒指導(24)…置き勉を止めさせる

 20年以上も前になるが、模擬試験の結果が高校の合否に反映されるという某県の実態が報じられたことがあった。しかも、模擬試験の実施日が違うこともあったというから驚きである。こんなことが許されないのは当然である。

 これが契機だったように思うが、それまで毎年学校で実施していた業者テスト(下野模試や栃木模試)が行われなくなり、入試のために家庭で猛勉強する生徒が少なくなったように感じた。

 生徒に家庭学習を促すため、また、ぺちゃんこカバン(学校指定、背負い型)での登下校をなくすため、英、数、国、社、理の5教科の教科書を持ち帰らせ、ロッカーや机の中に教科書を置いたまま下校することがないようにしたのである。

 また、カバンの落書きも消させることにした。あまりにもひどい場合は、買い替えるよう保護者に協力してもらうことにしたのである。前途有為な人材を育てるため、また、そのために多額の公費が使われているのであり、個人の持ち物であっても放置しておけないことだった。

 教科書を置きっ放しのため、部活動中に教室に呼び戻された生徒は少なくなかったが、カバンには,教科書とともに、学ぼうとの姿勢,気持ちも詰め込んで登下校してほしいものである。