にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇生徒指導(22)…制圧しなければならない時もある

 「問題が発生したら、担任任せにせず集団で対応する」と、過去のブログ「生徒指導(14)…卒業期の指導」で述べたが、このような対応は、卒業期だけでなく、日常の指導でもしばしば取られる。学校が荒れているような時には、特に重要である。

 校内で問題(トラブル)が発生し、指導に赴くような職員を見たら、一人で間に合うと思っても後からついて行き、指導に加わるようにする。こうすることで孤軍奮闘もなくなり、職員の団結も維持できる。このような指導では、より冷静な対応のため、若手だけでなく年輩職員に加わってもらうことも必要である。

 生徒の多くは、職員の指導を素直に受け入れるが、聞く耳もたず大声を出すなどして抵抗する場合には、制圧して職員室などに連れてきて指導するのである。みんなに手1本、足1本といった具合に持たれて廊下を運ばれて来るようなこともある。

 このような学校の対応が知れ渡ると、生徒もプライドがあり、抵抗する生徒はいなくなる。荒れた学校の克服のためには、職員一丸となっての対応が重要であり、時には制圧という手段も取らなければならない。