にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇生徒指導(21)…名札を外す必要があるのか

 職種によって違いはあっても、多くの職業人は名札を付けて働いている。宅配などのトラックでは、運転者名を表示している場合もある。氏名を明らかにすることは、職業に対する責任感、自覚を高めるのに有効なのだろう。

 生徒の場合は、体育着(名札の縫いつけや刺繍が多い)は別として、安全ピンなどで付け外しができる名札は、校内だけで付け、校外では外す学校が多くなっている。名前を覚えられることによる被害を防止するというのが理由である。

 名前を覚えられたために、被害に遭ったという話は聞いたことがない。あれば警察から何らかの指示(通知)があるはずである。もちろん、教育委員会からもあるはずで、そんなことは、現職中一度もなかった。

 修学旅行で感じたことだが、名札を付けていない学校よりも、付けていた中学校の方がきちんとしていたのである。酷い(教師の言うことを聞かないなど)と感じた学校はなかった。在職した中学校でも、名札を付けて出かけたが、生徒にも教師にも楽しい修学旅行になったのだった。

 中学生にもなれば、名前を呼ばれて後をついていくようなことはしない。名前を覚えられて被害に遭う可能性は皆無ではないが、わざわざ名札を外す必要はないだろう。