にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇人権教育の成果なのか

 学区内の小学校を訪問した折、教師から、児童が互いに〇〇さんと敬称を付けて呼び合うようになったが、それは、本校の人権教育の成果と説明されたことがある。男子児童のや低学年のちゃんも、さんで統一され、呼び捨てもなくなったようである。

 中学校での生徒の呼称は、日常的に、男子は、女子はさんであり、入学式や卒業式など、特別な時でも変わりはなかった。伝統的な呼称を代えさせたこと、そして、人権教育の成果との説明には違和感を覚えた。

 ロナルド・レーガン大統領(故人)中曽根康弘元総理は、互いに「ロン」・「ヤス」と呼び合ったそうだ。プーチン大統領安倍晋三総理も、「ウラジミール」・「シンゾー」と呼び合う関係だそうだが、そう呼び合っても関係が悪化することはないようである。

 アメリカでのホームスティ体験では、ホストファミリーは、私を外では姉妹都市交流で訪米したプリンシパルとファミリーネームで紹介した。家に戻ると、ファーストネームで呼ばれたが、悪い気はしなかった。

 スポーツ大会での選手紹介や呼称は、〇〇さんより〇〇選手の方が望ましいと感じることがある。また、政治家のテレビ討論などでは、総理大臣に意見を求める場合であっても、〇〇さんで指名する司会者がいるが、〇〇総理はどう思われますか、などと意見を求めるべきで、総理大臣という立場に敬意を表すべきだろう。

 時や場所柄をわきまえ、他への配慮を怠ってはならないが、敬称で人権を計り、語るものではない。いい年なのに、ちゃん付けで呼んだりする間柄も大切にされなければならない。