にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇生徒指導(17)…青になっても渡れない

 中国の道路の横断は、慣れないとかなり難しい。信号が青になったら、歩行者が渡り切っていなくても車は走り出す。かなりのスピードで車が行き交う道路の真ん中で、待っている時は恐ろしくさえ感じる。

 歩行者用信号も横断歩道もない広い道路の横断では、横断しようとする中国人を見つけ、離れないように一緒になって渡ったが、中国は歩行者優先か車優先かを尋ねると、中国人ガイドが、勇気ある者が優先、と答えたという話を聞いたことがあったが、それが現状のように感じた。

 中国ほどではなくても、市街地から離れた周辺部の学校では、歩車道の整備が不十分だったり、交通の激しい幹線道路が走っていたりで、町中の学校より登下校に危険が伴い、重大事故の発生が多いと感じている。

 生徒が幹線道路の横断中に事故に遭い大怪我をした。横断歩道の信号が青になり渡り始めたところだった。調べてみると、歩行者用信号の青の時間は20秒だったが、歩道を渡れる時間は14秒~17秒くらいだった。安全を確認するために要する時間が3秒~6秒もかかるからである。

 「赤は止まれ、黄色は注意、青は進め」、「信号が青になったら渡りましょう」と、子どもを指導していたが、そのように行動すると、事故に遭うこともあるのである。安全確認に要する時間は、非常に危険な時間帯なのである。したがって、道路の横断は、信号が青になり、「渡れるようになったら渡る」と考えなくてはならないのである。