にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇足利市歌(3)…復活できたらいいが

足利市歌

 旧市歌が生徒に好評だったことは以前にも書いたが、教えがいのある歌だった。歴史や自然、市民の心情などが盛り込まれ、「足利 足利 わが足利市」を大きな声を出して歌いたくなるのである。

 現在の市歌も素晴らしいとは思うが、旧市歌に比べ郷土色という点で物足りなさを感じる。「足利 足利 わが足利市」と、歌いながら腕を振って登下校する生徒の姿は旧市歌ならではのものだろう。

 合唱コンクールや卒業式で市歌が歌われたことを知り、羨ましがっている人がいたが、足利市のように、生徒に歌わせたいと思うような市歌ではなかったのかもしれない。復活は無理でも、市民なら誰でも知っているし歌うことができる旧市歌であってほしいものである。