にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇河野談話(2)…本人なら撤回できる

河野談話

 河野談話の検証結果が公表(平成26年6月20日)されたが、元慰安婦の聞き取り調査では、裏付け調査もせず、また、談話作成時に韓国と文言調整していた事実、そして、そのことを非公表とする約束など、談話はずさんで国民を愚弄するものだった。

 安倍政権に、河野談話の見直しをしないという苦渋の決断を強いたのは、河野談話なのである。談話によって、強制連行の性奴隷としての慰安婦が捏造され、アメリカやEUなどに事実に反する認識が広がってしまったのである。

 検証チームの報告に、河野洋平官房長官は新たに付け加えることもなければ、差し引くこともないとコメントした。今まで言ってきたことと違うことが明らかになったのである。こんな談話が否定されることなく、引き継がれることなど容認できない。

 国家国民のため、そして、世界のために貢献できる人間が育まれることを願っても、河野談話によって世界からさげすまれ、日本人が、日本人としての矜持をもてないようでは、そんな人間は育たない。

 河野洋平官房長官は、証人喚問に応じるべきだが、その前に国民に謝罪すべきである。河野談話は、もはや国家国民に対する犯罪のようなものである。このまま国民に謝罪もせず、あの世に行ってしまったら、河野家は末代まで国民の恨みを買うことになるかもしれない。