にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇給食の未納問題は難しい

 ある小学校の校長は、給食費徴収のため、家庭を訪問して回ったが、子どもを前にして話を切り出せなかったり、物凄いけんまくで反発されたり、思うような成果を上げられなかった。校長ができなかったら、その後、担任や学年主任が、いくら納金を促してもうまくいかないだろう。その学校は、膨大な累積未納額を抱えていた。

 世の中、無銭飲食など許されないが、未納になっている児童生徒に、未納なんだから、食べるな、弁当を持参しなさい、家で食べてきなさい、などとは可愛そうで言えない。教育委員会も、そこまではやらないようにとのことなので、給食費問題の解消は非常に難しい。

 家で満足な食事ができない(与えられていない)子どもにとって、学校給食は大事な栄養源でもあり、未納であっても、学校は、給食センターに人数分不登校や病気、怪我などで登校できない生徒を除く)申し込まざるを得ない。

 子どものために、親が我慢する話を何度も聞いたことがあるが、今でも多くの親はそうなのだろうが、わがまま勝手な親が増えたのも確かで、学校だけの対応では到底無理なのである。