にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇論語の素読にトイレはいいかも

 足利市内の小中学校は、全校が論語素読を行っているが、学校だけでなく、市としての取り組みもあり、市民の関心も高まっているので、やがては論語で全国に知られる存在になることだろう。

 中学生に孔子の教えを学ばせたいと、史跡足利学校にて行った論語素読(北中学校の全学級が平成18年9月から10月にかけて実施)が新聞各紙に報じられたことがきっかけだったが、市教育委員会の迅速な行動(決断)によって、たちまち全市的なものとなっていったのである。

 論語は広く知られた本ではあるが、500もの章があり、読み続けられない人も少なくないだろう。学校医のある先生が、トイレに論語を置いて、そこで毎日素読をすると話したので、私もやってみたが、非常にいい方法であることを実感したのである。

 トイレで変な声がする、との嘲笑のような声を気にしなければ、落ち着けるし、日に2・3章の素読は全く苦にならないのである。