にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇戦争がしたい日本人なんているのか

 民主党共産党社民党は、日本を戦争ができる国にしようとしていると、政府・自民党を批判するが、戦争をやりたがっているとでも思っているのだろうか。

 今、この国は内外に多くの問題を抱えている。特に安全保障については、喫緊の問題であり、多くの国民が不安に思う状況を鑑みれば、待ったなしで取り組まなければならない。戦争をするのではなく、防備を固めるなどして、戦争が起きないようにしなければならないのである。

 いじめられれば激しく抵抗する人が、いじめの被害者になることはない。いじめは、抵抗しない人に対して、あるいは、抵抗できないようにして行われるのである。現在の日本は、いじめと同様、被害を受けないための行動が必要なのである。

 国の平和と安全を守るため、また、国民の不安を払拭するため、できることは全部やってほしいものである。戦争はもうこりごりと思っている人ばかりなのだから。