にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇学校の電話対応(2)…校長としては

 校長に出るよう要求してくる電話も時にはかかるが、用件を確認すると、校長では問題をこじらせることになると思えたものも少なくない。

 学校は組織で動いているので、最初に校長が出て決着をつけるようなことをすれば、問題の正しい解決ができなくなる。校長の判断は最終判断であり、間違ったら挽回は難しい。

 校長が、担任や生徒指導主事より先に家庭訪問をしたら、何を話したかによって、取れる対策も取れなくなる。上杉謙信武田信玄に斬りかかるのは、ドラマの世界であって、大将が首を取られたら終わりである。やがて組織は機能しなくなる。

 電話だけでなく、面談を求められたこともあったが、校長が出るべきではないと判断したものは、絶対に応じなかったのである。