にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇国旗や国歌に敬意を払えないようでは

秋は運動会のシーズンで、学校や地域など、各地で盛んに行われていることだろう。現職中は、学区内の小学校や地域から招待され、毎年運動会を見学していたのだった。

 学区内のことだけに、立派な運動会には誇らしく感じたり、他に紹介したい気持ちにもなるのだが、中には疑問に感じる運動会もあった。

 過去のブログ「教員採用試験(2)…国家観を問う」で、成人式に招かれた二人の教師(小学校時代の担任)が最前列で話し続け、国歌斉唱になっても、起立はしたものの話し続けていたと書いたが、この二人が所属した学校の運動会は、開会式の国旗掲揚で児童が帽子を被ったままだったが、教師もそうだったのである。国旗に注目していたので、目にした教師は数人だったが。

 各種の式典で、国旗の掲揚や国歌の演奏(斉唱)を行う場合には、「ご起立脱帽の上、…云々」の放送が入ったりするが、放送がなければ、起立も脱帽もしない日本人は少なくないだろう。放送がなくてもきちんと行動できるようにするには、小さい頃からの指導が大切である。

 東南アジアのある国に旅行した方の話だが、食事中、突然国歌が放送されたのだそうだ。客達は一斉に立ち上がったとのことである。その方も立ち上がったが、もし座ったまま食事をしていたら、殴られたかもしれないと話していた。国際化の時代であり、語学(特に英語)教育の重要性が語られるが、国旗や国歌に敬意を払わないような人間は、いくら語学が堪能でも、国際的には失格である。国際舞台での活躍など、とても無理だろう。