にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇掃除で心を磨く(2)…ピカピカの便器に感動

 平成22年6月20日(日)、「足利掃除に学ぶ会」のご指導の下、西中学校のトイレ掃除を教職員の現職教育として行った。先ずは教職員が体験し、その後は少しずつ学校全体に広げていくために、決して強要してはならない取り組みである。

 実施日が休日だったため、教職員だけでなく、教育実習生、生徒、保護者合わせて70名が参加した。素手素足で、最初は恐る恐る便器に向かっていたが、いつの間にか夢中になって、ひたすら磨き続けたのである。そして、ピカピカになった便器にみんなが感動したのだった。

 初めての試みではあったが、便器磨きに心を集中させている参加者の姿を目の当たりにし、西中学校は間違いなく県下一の学校になると思えたのだった。当時は、県下一をしばしば公言していたのだが、学校づくりは、そのくらいの気概がなくてはならないと考えていた。

 何をもって県下一と判断するのか、を問われれば、転勤を重ねてきた教職員が、この学校をすばらしいと感じ、誇りに思えることをいくつも数え上げられるようになったら、それはもう県下一に近づいたのである。いろんな学校と比べ、誇りに思えることはそんなにあるわけないのである。