にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇修学旅行は連泊がいい

 平成22年度から西中学校の修学旅行は、大阪と京都から、奈良と京都に行き先を変え、京都連泊にした。21年度までは、大阪と京都にそれぞれ1泊だった。

 大阪泊は、USJ見学のために必要だったのである。そのために、朝5時半頃の始発電車で足利(山前駅)を出るのである。奈良と京都の通常の修学旅行なら、7時頃の出発なので、かなり早い出発になる。そして、その日はUSJ近くの豪華ホテルに宿泊となる。

 次の日は、班別に京都に向け出発し、京都に到着後はそのまま班別での京都見学に入り、夕方には市内の宿に到着できるよう行動するのである。3日目は、クラス別にそれぞれ見学をして、午後には京都を出る行程である。

 大阪泊の修学旅行には、奈良方面に行けないこと、京都見学(班別)が半日くらいになってしまうこと、体調を崩した生徒も京都に向け移動しなければならないこと、手荷物を大阪から京都にまた送らなければならないといったことなど、見直さなければならないことがあったのである。USJに出かけることになった経緯には、生徒掌握といったことが考慮されたようだが、西中学校は、もうそんな心配がいらない学校になっていたのである。

 東大寺の大仏殿や大仏の大きさに驚かされ、大極殿までが遠かった遷都千三百年祭、京都市内の班別行動、きれいで気持ちのいい旅館の連泊で、「見て学んで楽しもう」の合い言葉通りの修学旅行ができたのである。