にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇高校無償化…少子化対策でもあってほしいが

 公立高校授業料無償化を、年収910万円未満にすることで自公両党が合意したとのことである。国の財政を考えたら、所得制限は止むを得ないことだろう。所得制限だけでなく、公立高校と私立高校との格差是正、低所得層への対策についても両党は合意したようだが、世帯の子ども数については、報じられなかったので分からないが、考慮されたのだろうか。

 子ども1人の世帯と2人の世帯でも違いはあるのに、3人4人の世帯ともなれば、その違いはかなり大きなものだろう。何人いても同じでは、不公平のように感じるかもしれない。少子化対策にならないだろう。

 子どもの人数によって年収に違いを設けるか、それができないなら、就学支援金を支給するなどの対策も必要だろう。報道された内容なら、これから2人目3人目を考えている夫婦に、子を持つことを諦めさせるようなものである。

 秋の臨時国会に関連法案を提出するということだが、それまでに、子だくさんの家庭や2人目3人目を考えている夫婦を安心させるような発表があることを期待したいものである。