にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇宿題の出し過ぎは逆効果

 20年程前のことだが、ある生徒(成績は普通)が、「夏休みなんかない方がいい」とつぶやいた。どうしてなのか聞いてみると、夏休みには宿題がいっぱい出て、ものすごく大変だからということだった。宿題の多さに不満をもらした生徒がいるにはいたが、そこまで言った生徒はいなかった。

 宿題については、長い休みなので、多くなっても仕方がないと思っていたし、何と言っても夏休みを楽しみにしている生徒は多いので、気にも留めなかったのだが、検討する必要性を感じたのである。

 各教科からの宿題は、それぞれの教科の打ち合わせで検討されるが、出揃った宿題の量などを、みんなで検討する体制はそれまでなかったのである。夏休みまでにまだ間があるので、生徒指導主事として、各学年で検討するよう提案したのだった。

 各教科から出される量はそれ程でなくても、合わせたら相当な量になる。いろいろやりたいことがある楽しみな夏休みを、苦痛の休みにさせてはならないという思いを職員は共有した。夏休みの宿題は最小限に抑えられたのである。学習内容の理解と定着、家庭での学習習慣の育成、学習意欲の向上などが目的だが、出し過ぎは逆効果である。

 中学校の宿題は、本人がやるしかないが、小学校の場合だと、親の手助けが必要なものも多いのではなかろうか。親が忙しくて面倒を見てもらえず、宿題が終わらなかった子どもは、休業明けに元気に登校できるのだろうか。