にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇学校教育と家庭教育

 学校は家庭の領域にまで踏み込むべきではない、と考えている人は少なくない。学校としても、その方がはるかに楽だし、できればその方がいいと考えることもあるのではなかろうか。しかし、単純に割り切れないのが教育なのである。

 家庭の悩みをしっかり携えて登校する生徒を、家庭の問題と取り合わなければ、いつまでも悩みを抱えて生活することになる。したがって、子どもの成長のためには、学校も家庭も互いにできるところをしっかりとやり、補完し合えるところは補完していくことが必要である。

 子どもを育てることは、保護者の励みであり、喜びでもある。教職員にとっては、それが使命であり、生き甲斐でもある。したがって、同じ立場で連携していくことが大切であり、学校教育と家庭教育は厳密に分離することができないのである。