にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇道徳教育の見直し(3)…作り話と決別する

 平成21年度は、全学級が西中学校で論語素読をしたが、生徒に好評で、とてもいい体験だったと思う。習っていない漢字がたくさん出てきて、難しすぎないかとの意見(前任校)もあったが、江戸時代には、寺子屋の中心的な学習として論語を習っていたのだから、現代でも大丈夫と考えていた。

 山谷えり子参議院議員(元首相補佐官の故郷は、幕末の志士、橋本左内が育った土地柄福井県だけあり、小学校時代に、左内が15歳の時に誓った5つの誓いを習ったのだそうだ。「一つ、稚心を去る。一つ、気を振(ふる)う。一つ、志を立つ。一つ、学に勉む。一つ、交友を択(えら)ぶ」
 -  -  -  -  -  -  -  -
 消えた偉人物語産経新聞で、この誓いの意味を、貝塚茂樹武蔵野大学教授は次のように説明した。『子供っぽい甘えや怠惰な心を捨て去る。勇気や気概を奮い起こす。自分の進む道を自分で定め、一度決めたら決して迷わない。先人の立派な行いに倣って、学問や修養に励む。本当に有益な友をえらんで、交際を深める。』
 -  -  -  -  -  -  -  -
というもので、心が清められ高められる思いがしたと語っている。今も、「左内の15の誓い」が教えられているということである。ならば足利では、郷土の誇り、足利学校が祀る孔子の教えを学ばせたいと改めて意識させられたのだった。今後も、素読の声が校舎内に響き渡る学校にしていきたいものである。

 道徳では、作り話のような資料で話し合い、道徳的価値を追求していくような授業が多いと感じている。道徳の時間は、道徳的価値を補充、深化、統合する時間とされているが、道徳的な価値を統合するような授業は、作り話では難しいと思う。教師も生徒も道徳の時間が好きになるには、作り話のような資料と決別することが大切だろう。

 どうしてこんなことが、と思える悲惨な事件が頻繁に発生する現状は、昭和33年からやっている道徳で、生き方を学べていないからと感じている。道徳の時間は、道理を学ぶとともに、人柄や品性を高めていける時間でなければならない。