にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇教員採用試験(2)…国家観を問う

 十数年前になるが、都内のある中学校の卒業式で、国歌斉唱の時に生徒や保護者が起立しているのに、教師が着席していたという話を聞いたことがある。当然のことながら、教師は生徒や保護者に信頼されていないということだった。国歌の起立斉唱などに屁理屈をこね、指導に従わない教師は、即刻教育界から去るべきだろう。

  教育の荒廃が叫ばれる今日の状況は、かなりの気概がなくては改善できるものではない。我が身が可愛い人間には到底無理である。愛国心がどうしても必要である。愛国心を悪者にする人がいるが、愛国心の本質は、人々の生命や社会の安寧を願う心であり、愛国心に前の大戦の責任はない。もちろん、国旗にも国歌にもない。真の愛国心があったなら、むしろこの国は、戦争回避の方向に導かれたのではないかと思う。

 成人式に招かれ、最前列にいた二人の教師がずっと話し続けていた。国歌斉唱になっても、起立はしたものの話し続けていた。まさか足利でこんな光景を目にするとは思わなかった。教員採用試験では、国家観・歴史観を問う必要があると強く感じた。愛国心、国旗・国歌、神話などについて、考えを論作文で述べさせたり、討論させたりして、このような人間を採用しないようにしてもらいたいものである。

 24年度から中学校では武道が必修となったが、武道を教える教師が素人では、必修化した意味がない。武道を学んだ人間を積極的に採用すべきだろう。