にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇見義不為 無勇也

 震災がれきの広域処理に、東北地方以外では、東京都知事島田市長が真っ先に受け入れを表明したが、その後、全国から受け入れ表明が一気に広がることもなく、現在に至っている。国民の9割近くが広域処理に賛成内閣府調査)しているのだから、処理能力に余裕のある全国の自治体は、積極的に受け入れてほしいものである。

 放射能に汚染されたがれきではないのに、受け入れを妨害する人達には、日本人として恥ずかしくないのかと憤りさえ感じる。がれき処理がはかばかしくないのは、政府の責任でもあるが、こういう人達にも責任がある。

 天皇陛下は、被災地に何度もお出かけになり、被災者を励まされた。そして、「国民皆が被災者に心を寄せ、被災地の状況が改善していくよう期待する」とおっしゃった。全国の自治体の首長は、被災地復興のために、決断力、実行力を発揮してほしいものである。処理能力に余裕がなければ、トラック1台でもいいのではなかろうか。国家国民が総力を挙げる姿勢は、やがてこの国を背負っていく子ども達の手本になることだろう。