にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇読書の奨励

 最近は、読書の時間を日課表に組み入れ、読書を奨励する学校が増えたように思う。テレビやラジオを見たり聞いたりする時間はたくさんあるのに、大学生になっても漫画しか読まないなんて、と活字離れが指摘されたりしたが、改善に向けて多くの学校が動き出したようである。

 趣味と聞かれれば、ゴロ寝と読書と答えていた時期もあった私だが、随分本を読まなくなった。三国志史記十八史略水滸伝、武将列伝、葉隠宮本武蔵親鸞太閤記、氷川清話、夢酔独言、孫子など、ウイスキーをちびりちびりとやりながら読む、これを人生の幸せと感じた時代もあった。活字離れは青少年だけの問題ではないが、少なくとも、忙しくて読みたくも読めない状況があってはならないし、読むことの楽しさを知らずに卒業してしまうことのないようにしたいものである。