にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

本来の姿を取り戻す

みんなの心に輝く学校を目指し、中学校長として取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。

◇美しい国旗なのに

 スプリングフィールド市では、公共施設はもちろんレストランといった建物など、至る所で星条旗が掲げられていた。訪問した学校では全教室に掲げられていた。(テロがあった9月11日には、市内を走るほとんどの車に星条旗が掲げられていたとのことだった。)

 私は、その光景に感動を覚え、とても美しいと何人ものアメリカ人に声をかけた。ホームスティ先でも話題にしたところ、日本の国旗は「サンライズビュー(日の出の光景)」と誉められ、今度はこちらが「サンキュー」と手を伸ばしたのだった。今まで、国旗をそのように見たことはなかったが、そのように見ると、日本の国旗は何と美しい国旗なのか、そして、「サンセットビュー(日没の光景)」でもあると考えると、益々美しい国旗に思えた。

 日本では、祝日にも国旗が掲げられないのが現状だが、さびしい思いがする。国旗を掲げるだけで、人々の心が変わるものでもないが、少なくとも、前の大戦が浮かんで違和感をもたれている方には、その思いを払拭(ふっしょく)してほしいものだ。平成11年に、国旗・国歌法が制定されたが、この美しい国旗に戦争責任はない。

 本校ALTのジャスティン先生が卒業された学校でも、教室に星条旗が掲げられていたのだそうだが、本校も是非そうしたいと思う。50年後100年後を考えれば、決して無意味なことではないと思う。世界で尊敬され、魅力を感じる日本人の育成のために。